GAPの幼児Tシャツ回収、基準値超えの有害物質で―中国

GAPの幼児Tシャツ回収、基準値超えの有害物質で―中国

2019年11月19日、中国メディアの観察者網によると、米アパレルブランドGAPが中国で乳幼児用Tシャツの回収を当局に届け出た。

中国の国家市場監督管理総局のウェブサイトによると、GAPの中国法人・盖璞(上海)商業有限公司が先日、同局に対して回収計画を提出した。対象となるのは輸入品の乳幼児向けTシャツで製品番号293309、色は濃紺、サイズは100センチ以下、生産日は2018年1〜5月となっており、原産国はベトナム。同社の統計によると、中国本土で対象となる製品は2749点だという。

回収の理由は、胸元のプリント部分で基準値を超えたフタル酸ジイソノニルが検出されたため。長期間接触、吸入すると人体の健康に潜在的なリスクを及ぼす可能性があるとされる。

同社では今後、ショップで対象商品の回収通知を発表するとともに、返品、返金の対応を行うとしている。(翻訳・編集/川尻)


関連記事

レコードチャイナの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る