中国紙・金華日報は、春節(旧正月)を目前に控えた中国の高速道路で驚きの行動を取った1人の男性について報じた。

記事によると、男性の姿が目撃されたのは14日午後。場所は浙江省の高速道路で、心配そうな表情を浮かべて車道ぎりぎりの部分を歩いていた。そして時折、車の方を振り返ったりもしていたという。

男性は非常に危険な状況で、交通警察とパトロール員が対応に当たった。実は男性は故郷の湖北省に向かうバスの乗客で、途中のサービスエリアでトイレに行った際に自分の乗るバスを見失い、「取り残された」と思って見知らぬ人の車に同乗させてもらいバスを追い掛けたそうだ。十数キロ走ってもバスは見つからず、やむを得ず車を降りて前述のような行動に及んだのだという。

だが、交通警察が男性の記録を頼りにバス運転手に急いで連絡を取ったところ、なんとバスは男性がトイレに行ったサービスエリアから動いていないことが判明。乗客の人数を数えて1人足りなかったため、ずっと待っていたそうだ。その後、男性はパトロール員らによって無事、バスまで送り届けられた。(翻訳・編集/野谷)