2020年2月7日、韓国メディア・エクスポーツニュースは、ソウルで行われているフィギュアスケートの四大陸選手権に出場している坂本花織の衣装について「旭日旗を連想させる」と問題視した。

坂本は6日に行われた女子ショートプログラム(SP)で73.07点を出して4位につけた。この日、坂本は鮮やかな赤い衣装をまとっていたが、エクスポーツニュースはウエスト部分にある放射線状に広がるラインデザインについて「旭日旗を連想させる」と指摘。特に「坂本が演技の最初のポーズを取るために腰を曲げ、左足を後ろに伸ばした時にその部分が強調される」としている。また、「他の国際大会に出場した際にも物議を醸した衣装だが、坂本は韓国で行われる大会でもこの衣装を身に着け、拍手を受けた」とし、「意図的ではないか」とも指摘している。

しかし、これを見た韓国のネットユーザーからは「どう見ても旭日旗には見えない」「問題を作っているのは韓国メディアでは?」「これに発狂していたらまともに日常生活を送れないよ」「そんな細かいことを言っていると韓国が批判されることになるよ」「そもそもなぜ旭日旗が問題になるのか。北朝鮮の国旗には何も言わないのに」など記事への反論の声が多数上がっている。

ただ、一部からは「開催国への配慮が足りない」「これだから世界の人が旭日旗に抵抗を持たなくなってしまう」「ナチスのハーケンクロイツ柄を着た選手が大会に出たらどうなると思う?」などの声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)