東京都内のタクシー運転手の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが判明した。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の日本情報を伝えるアカウントは、「日本のネットユーザーが震え上がっている」と伝えている。

報道によると、感染が確認されたのは都内に住む70代の日本人男性。自身が運転するタクシーに中国からの観光客などを乗せていたという。微博で2000万以上のフォロワーを持ち、日本の情報を中心に発信しているブロガーはこの件を伝え、「日本のネットユーザーがみんな慌てふためいている。特に、タクシーを利用した東京都民はぶるぶると震え上がっている」とのコメントを添えた。

他の微博ユーザーからは、「ごめんなさい」「本当に申し訳ない。日本の友人に迷惑をかけてしまって」などと謝罪するコメントや、「こんな状況で、誰がパニックにならないというんだよ」と反論するコメントが寄せられた。

また、「日本って海外の中では一番感染状況がひどいんじゃないか」と懸念したり、「早く良くなってください!」「日本がもうこれ以上、深刻にならないでほしい。今年はオリンピックもあるんだから」と願ったりする声も上がっている。

さらに、日本のタクシー料金の高さに言及して、「幸い、日本のタクシーは高すぎて私には乗れない。でも、本当に恐ろしい」との感想を残すユーザーもいた。

このほか、日本在住と見られるユーザーからは「日本では多くの人がマスクをしていない。危機が迫っているという意識がないのかな」との声もあったが、これに対しては「マスクが買えないからだよ」という返信や、「私もマスクが残り少ないから外出を控えている」という声も上がっている。(翻訳・編集/北田)