2020年3月20日、中国メディアの頭条新聞は、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で、日本に到着した聖火が強風で何度も消えるハプニングがあったと伝えた。

記事は、ギリシャで採火された東京五輪の聖火が20日、宮城県の航空自衛隊松島基地に到着したと紹介。石巻市で聖火到着式が行われたが、生中継していた日本のテレビ番組によると、ランタンの聖火から展示用の聖火皿に火を分ける際、強風で何度も火が消え、現場の人たちは非常に気まずい雰囲気になり、その後予備の聖火から火を分けたと伝えた。

これについて、中国のネットユーザーの反応を見ると、新型コロナウイルスの流行を受けて五輪の予定通りの開催を危ぶむ声が上がっていることに関連し、「聖火も延期せよと言っているのではないか」などのコメントが寄せられていた。

また、「やはり呪われているのか」など、麻生財務相の「呪われた東京五輪」発言に絡めたコメントや、「なんだかどの大会でも聖火が消えるというニュースを見るような気がする」との声もあった。(翻訳・編集/山中)