米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは21日、「新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、世界各地で封鎖もしくは市民の夜間外出禁止の措置が講じられている」とする記事を配信し、次のように伝えている。

中国の武漢で最初に発生した新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい続けている。多くの国の都市に、封鎖もしくは夜間外出禁止の措置を講じることを余儀なくさせており、その結果、幹線道路や高速道路はがらんとし、医療体制は重い負担を強いられている。

米AP通信によると、米カリフォルニア州、ニューヨーク州、イリノイ州の計約7000万人が外出を制限される。カリフォルニア州では金曜日から、ニューヨーク州とイリノイ州ではこの週末から封鎖が始まり、コネチカット州とオレゴン州でも封鎖が行われる。

ドイツではバイエルン州が、同国で初めて、市民に仕事や食品購入、通院などを除き外出制限を求める最初の州となった。

コロンビアは南米で国境の封鎖措置を発表した最新の国になった。ペルーやエクアドル、ベネズエラはすでに国境を封鎖している。アジアのスリランカはすべての高速道路を閉鎖し、週末の夜間外出を禁止している。

各国の医療体制は重い負担を強いられている。多くの国の当局者が、医療体制の崩壊を防ぐべく懸命に努力している。イタリアとスペインは「臨界状態」に直面し、英国は定年退職した医療関係者6万5000人の職場復帰を求めている。

現在、世界の新型コロナウイルス感染者数は27万5000人以上となり、死者数も1万1000人を超えた。感染者数のうち、8万8000人は回復している。(翻訳・編集/柳川)