2020年3月26日、韓国メディア・韓国経済によると、「親日追放」を選挙への出馬理由として挙げていた韓国の崔康旭(チェ・ガンウク)前大統領府公職紀綱秘書官がトヨタのレクサス車を所有していることが分かり、物議を醸している。

政府公職者倫理委員会が公開した「定期財産変動事項の届出内訳」の資料によると、与党「共に民主党」を離党した議員らが中心となる「開かれた民主党」の比例代表候補として出馬した崔氏が申告した財産は計107億3637万ウォンだった。本人名義の車は3台で、そのうち1台が排気量4600ccのレクサス車だったという。

崔氏は同日、SNSで「韓国より日本の利益に便乗する集団を追放すること。これが選挙における最大の目標だ」と述べていたという。

一方、康京和(カン・ギョンファ)外相の夫である李一昺(イ・イルビョン)元延世大学教授は昨年、保有していたホンダ車を処分していたという。韓国では昨年、日本製品不買運動の影響で一部の日本車所有者が「車両破損テロ」の被害に遭った。また、所有する日本車を自ら破損して廃棄する市民も登場し、話題となっていた。

今回公開された資料で、大統領秘書室の職員のうち日本車を所有していたのは崔氏のみだったという。

これに韓国のネットユーザーからは「日本車に乗りながら日本製品不買運動を主導していたの?」「矛盾している」「自ら日本に利益を与えていたとはね」「まずは自分から追放してほしい」「もう驚かないよ。韓国の議員はみんな口だけが反日」など批判的な声が上がっている。

一方で「不買運動中に購入したものでなければいいよ」「日本製品を持っていたら親日と考えるのはおかしい」「私は日本製品不買運動をしているけど、昔買ったソニーのヘッドホンとキヤノンのカメラは今も愛用している」「サムスン製品にも日本の部品がたくさん使われているけど?」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)