中国のニュースサイトの澎湃新聞は9日付で配信した記事で、トランプ米大統領が8日、「ドイツのメルケル首相や日本の安倍首相が米国を新型コロナウイルス感染症の防疫の世界的リーダーとみなしている」と語ったと報じた。

記事はまず、米政治ニュースサイトのポリティコの報道を引用し、トランプ大統領が8日、米共和党議員との会議で、メルケル首相や安倍首相など多くの国のリーダーたちと最近会談したことに言及し、「彼らのほぼ全てが、米国を防疫の世界的リーダーとみなし、米国に従っている」と述べたことを取り上げた。

その上で、トランプ氏の「自画自賛」に対し、米ニュースサイトのVOXが、「ドイツや日本の防疫は米国よりはるかに素晴らしく、状況は米国人が夢見るほどに抑え込まれている」と反論したことを伝えている。(翻訳・編集/柳川)