一時営業休止からおよそ1カ月以上たっていた香港マダム・タッソー蝋人形館が8日、営業を再開し、入り口付近では香港の人気男性歌手レオ・クー(古巨基)の蝋人形と記念写真を撮る市民の姿が見られた。中国新聞網が伝えた。

新型コロナウイルス肺炎の感染流行の影響から、香港では3月28日から娯楽施設など7種類の施設が営業を一時的に休止していた。最近になって感染状況が次第に好転していることを受け、特区政府は5月8日未明から、営業休止を命じていた7種類の施設の営業を再開させることを発表していた。(提供/人民網日本語版・編集/TG)