蘇州城中央を東西に走る干将路の東端に、相門城郭楼ができた(写真1)。相門は2500年前の蘇州城創建時からあった城門である。その城門から西の倉街に至る広い敷地が蘇州監獄(刑務所)跡で、数年前は広い駐車場だった。今は再開発工事中で、まだ至る所に監獄跡が散見できる。当時の蘇州監獄正門は倉街10号にあたり、2007年5月20日に相城区黄埭(タイ)鎮に移設した。(写真2)はその移転日の門前風景である。広さは14万平方メートルになり、最大4000名が収監できる刑務所であった。干将路の南は現在、蘇州大学正門になった。

蘇州監獄は1910年(宣統2年)に建てられ、当時は獅子口といわれた地域だったので獅子口監獄といわれ、南京の老虎橋監獄、上海の堤籃橋監獄とあわせて、中華民国三大監獄といわれ、特に政治犯などの重罪人を収監していた。

蘇州監獄(獅子口監獄)は1919年に江蘇第三監獄と改名、500名ほど収監していた。抗日戦争終了後は、国民党政府司法部が接収して約300名の漢奸(日帝に協力した売国奴)が収監されていた。その中の大物としては、陳公博(現在でも中国一の漢奸といわれる)、褚民諠、繆斌が1946年に死刑になり、偽南京政府大統領の汪兆銘(精衛)の妻であった陳壁君は終身刑(のちに上海堤籃橋監獄に移送され獄死)に処せられたのが、この蘇州監獄であった。1948年には江蘇蘇州監獄と改名し、2007年5月まで使用された。

繆斌(立法院副院長)は死刑判決後直ちに1946年5月21日に銃殺刑第一号となり、中国第一の漢奸といわれた陳公博(偽南京国民政府行政院長)は同年6月3日に処刑、褚民諠(外交部長)は同年8月23日に処刑された。上海の堤籃橋監獄では、立法院長であった梁鴻志が11月9日に銃殺刑となり、日本人では満蒙独立運動を推進した馬賊・伊達順之助(華族伊達宗敦六男)が同じく銃殺刑に処せられた。

李香蘭こと山口淑子(1920〜2014年)は、漢奸容疑で現存する虹口地区興業坊の日本人収容所に収監され、上海競馬場(現在の人民広場)で処刑寸前であった。収監されたのは漢奸専用の堤籃橋監獄(上海市虹口区長陽路147号)でなく日本人収容所であったのは、中国人でないと国民党政府は認知していたためであろう。本人の佐賀県の戸籍謄本が間に合い半年後に帰国させられたが、日本に協力する“中国人女性”を演じた不遇の人生がようやく終わった。

相門城郭から西を見ると、正面南側が商業ビル工事中であるが、中央部から北は荒野で、倉街側に当時の監視塔跡(写真3上)を見る事ができる。その周囲には当時の監獄(刑務所)跡の住居跡(写真3下)など垣間見る事ができた。ここで、多くの政治犯が処刑された。(工藤 和直)