2020年6月29日、韓国・朝鮮日報によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日本による対韓輸出規制に関して「一方的な措置の断行から1年になる。この1年間、われわれは揺らぐことなく正面突破し、むしろ転禍為福(災いを転じて福となす)の機会を作った」とし、「誰も揺さぶることのできない強い経済への道を切り開いた」との考えを示した。

同日に行われた青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)首席秘書官・補佐官会議で述べたもので、「韓国の主力産業である半導体とディスプレイの基幹素材を狙った日本の一方的な措置が、韓国経済の直撃弾になるとの否定的な見通しは当たらなかった」と指摘したという。

その上で、これまでに生産の支障は出ておらず、素材、部品、装備産業の国産化前倒し、供給先の多角化など、基幹素材の安定供給システム構築という成果を生んだと説明した。とりわけ「官民が一体となり大企業と中小企業、需要企業と供給企業が協力したことが、危機克服の決定的な原動力になった」とし、「目標を掲げ力を結集させれば依存型経済から脱却できるという自信を持つようになったことは、何事にも代えがたい大切な経験だ」とも述べたという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「今のこの状態は日本の輸出規制のせいだけではないのに、『誰も揺さぶることのできない強い経済』だって?(笑)」「コメディーだな」「言葉を失ったよ」「経済のけの字も知らない愚かな大統領がいるかぎり、韓国経済は息を吹き返さない」「これ以上、揺れるものがないだけだろ。もうすっからかんだから(笑)」「この人の言葉は反対に解釈すればそれが正解だ」など、大統領の言葉に反論するコメントが多く見られた。(翻訳・編集/麻江)