2020年6月30日、米華字メディア・多維新聞は、インドが59種類の中国アプリを使用禁止にしたと伝えた。

記事によると、インド電子情報技術省は29日、TikTokや微信(WeChat)を含む59種類の中国のアプリの禁止を発表した。インド政府は、「これらのアプリはインドの主権、国防、国家の安全、公共秩序などを損なう」としている。

ヒンドゥスタン・タイムズの29日の報道によると、同省は「これらのアプリには安全性に問題があり、データの安全と13億人のインド人のプライバシーの面で心配な面がある」としている。また「さまざまな所から来るクレームによると、一部のアプリにはアンドロイドやiOS上でのデータの乱用が見られ、これらのアプリは許可を得ずにユーザーのデータを盗み取り、インド国外のサーバーへと情報を送っている」と指摘した。

記事は、「現在、中印の国境では緊張状態が続いており、両国とも前線に兵力を集めている」と説明。両国は6月6日と22日の協議に続いて、30日にも両軍の司令官による3回目の協議を行うという。(翻訳・編集/山中)