中国国内の新型コロナウイルスの感染状況が落ち着くにつれて、家事代行業も回復しています。最近、一部の家事代行会社がライブ配信を通じてサービススタッフをPRしています。スタッフの総合的な特徴を紹介できるほか、潜在的な顧客層も拡大でき、スタッフの就業率の向上につながっています。

 現在、中国の家事代行業の職場復帰率が高まっており、6月末までに90%を超え、大中規模の代行会社が全面的に操業を再開しました。商務部はこのほど、「家事代行サービス信用情報プラットフォーム」の運用を正式に開始し、消費者はサービススタッフと代行会社の信用情報を調べることが可能になりました。(提供/CRI)