中国で新型コロナウイルス感染症が効果的に抑え込まれる中、第3四半期には多くの都市で渋滞現象が表れました。地図検索サービス大手高徳によりますと、通勤ラッシュの時間帯における全国の交通状況は、7.48%が渋滞、58.17%が徐行運転で、残りの34.35%がスムーズな状態でした。

このほか、通行待ちの時間から見ると、西北部の甘粛省の中心地・蘭州は約5分間で最も短く、東北地区の遼寧省の中心地・瀋陽は最長の約17分間に達しました。ただ、渋滞が最もひどかったのは瀋陽ではありません。直轄市の重慶市は平均時速が23.32キロで、第3四半期の全国道路網におけるラッシュ時の最も渋滞した都市となりました。(提供/CRI)