北京市西城区では22日から23日にかけて113万680人がPCR検査を受け、陽性反応者が1人確認されました。この患者は再び陽性となった可能性がありますが、その濃厚接触者の検査結果はすべて陰性だったということです。

これに対して、中国疾病予防コントロールセンターの首席疫学専門家の呉尊友氏は、「一部患者はPCR検査で再び陽性反応が出たが、それには主に三つのパターンがある。一つ目は、検査で『偽陰性』または『偽陽性』が出たケースである。二つ目はウイルスが再び活発になったことによるものである。三つ目は再感染したケースである。一つ目のケースの場合は、多部位や数度にわたるサンプル採取を通して減らすことができる。二つ目のケースはメカニズムがまだ解明されておらず、現在の研究によれば、このケースの患者の伝染性はそれほど強くなく、現在のところ伝染した例はない。三つ目のケースの患者の感染性は、初めて陽性反応が出たほかの患者と同様である。全体としては、再び陽性反応が出た患者の割合は高くなく、約5%以下である」と明らかにしました。(提供/CRI)