〔最強寒波〕名古屋市で一時積雪2cm 北陸は24時間で90cmの大雪予想 広い範囲で大雪に警戒(1/14)

気象庁は14日16:45、「大雪と暴風雪及び高波に関する全般気象情報 第11号」を発表しました。
東日本の上空約5000mには氷点下36度以下の数年に一度の強い寒気が流れ込んでおり、日本付近は強い冬型の気圧配置となっています。あさって16日にかけて、北日本や北陸地方の上空にはさらに強い寒気が流れ込み、西日本の上空にも強い寒気が流れ込むため、日本付近では強い冬型の気圧配置が続く見込みです。
現在、山形県肘折や青森県酸ケ湯では2m50cm前後に達する積雪を観測、また新潟県や長野県ではこの24時間の降雪量が70cm前後に達するなど、東北地方から北陸地方の日本海側を中心に大雪となっています。今後、あさって16日にかけても、北日本から西日本の日本海側を中心に降雪が強まり大雪が続くでしょう。大雪やふぶき、吹きだまりによる交通障害、暴風、高波に警戒してください。
また、名古屋市では、きょう14日朝に一時2cmの積雪を観測するなど太平洋側でも所によって積雪となりました。東日本や西日本の太平洋側での平地や都市部でも、引き続きあさって16日にかけて積雪のおそれがあり、交通機関への影響などに警戒が必要です。雪に対して早めの対策をとるとともに、不要不急の外出は控え、地元気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意するようにしてください。
きょうとあすの2日間は大学入試センター試験が行われています。大学入試センターは、受験生に対して、試験当日に交通機関が降雪や事故等で遅延・運休しているため試験開始時間に間に合わない場合、試験場で試験開始時刻の繰下げ等を行うことがあることから、受験票に記載されている「問合せ大学」へ連絡し、試験場に向かうよう呼びかけています。

■気象概況
【積雪の深さ】(14日16:00)
・山形県  肘折    252cm
・青森県  酸ケ湯   235cm
・新潟県  津南    183cm
・北海道  朱鞠内   174cm
・新潟県  守門    167cm
・福島県  桧枝岐   151cm
・北海道  音威子府  150cm
・北海道  幌加内   144cm
・福島県  只見    143cm
・新潟県  十日町   139cm

【24時間降雪量】(14日16:00)
・長野県  野沢温泉  72cm
・長野県  飯山    70cm
・新潟県  関山    69cm
・新潟県  津南    69cm
・新潟県  湯沢    57cm
・新潟県  安塚    56cm
・新潟県  新津    51cm
・新潟県  長岡    46cm
・富山県  猪谷    46cm
・新潟県  守門    45cm

■今後の予想
【降雪量】
(〜15日18:00/多い所)
・90cm   北陸地方
・70cm   東北地方、東海地方、中国地方
・60cm   関東甲信地方、近畿地方
・40cm   北海道地方
・20cm   四国地方
(〜16日18:00/多い所)
・70〜90cm 北陸地方
・60〜80cm 東北地方、関東甲信地方
・30〜50cm 北海道地方
・20〜40cm 近畿地方、中国地方

※関東地方南部平野部でも、15日にかけて雪の降る所がある見込み(東京23区では積雪となる可能性は低い)。
神奈川県箱根、東京都多摩西部、埼玉県秩父地方では15日18:00までの24時間降雪量は多い所で2cmの予想。

【最大瞬間風速】
(〜15日)
・35m/s  北海道地方、北陸地方、中国地方
・30m/s  東北地方、近畿地方、四国地方、伊豆諸島
※16日にかけて非常に強い風が続く見込み 

【波の高さ】
(〜15日)
・6m  東北地方、北陸地方、近畿地方、中国地方、小笠原諸島
・5m  北海道地方、伊豆諸島、九州北部地方
※16日にかけて高波が続く見込み 

■防災事項
・警戒:大雪、ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風、高波
・注意:なだれ、電線や樹木への着雪、路面凍結

ニュースをもっと見る
レスキューナウニュースの他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

13時43分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索