〔交通死亡事故多発警報〕2日間で3人、長野県で連続発生止まらず今月2回目の発表(11/22〜/30)

長野県交通安全運動推進本部は22日、今年3回目となる「交通死亡事故多発警報」を発表し、30日まで街頭活動や広報活動等の緊急対策を推進しています。
長野県内では、10月29日〜11月4日の7日間に4件5人の交通死亡事故発生を受け、今年4月に次ぐ交通死亡事故多発警報を発表したものの、11月5日と6日の2日間でさらに3件3人発生し、2016年10月以来3年ぶりとなる「交通死亡事故多発非常事態宣言」を発表、16日まで緊急対策が実施されていました。しかし、16日に1件1人、そして21日と22日の2日間でさらに3件3人と、高齢運転者や夜間歩行者の連続発生傾向が続いていて、極めて憂慮すべき状況となっています。
22日現在、長野県内での2019年交通事故死者は計57人(前年同期比±0)、うち65歳以上の高齢者は32人と半数超を占めています。

【長野県内での2019年交通事故死者数】(11月22日現在:速報値)
・ 1月: 6人(+3) うち高齢者4人(+4)
・ 2月: 4人(+1)      2人(+1)
・ 3月: 3人(−4)      1人(−5)
・ 4月: 6人(+3)      5人(+4) 21日〜30日 多発警報
・ 5月: 5人(±0)      5人(+1)
・ 6月: 4人(−3)      0人(−2)
・ 7月: 3人(−5)      1人(−3)
・ 8月: 7人(+3)      3人(−1)
・ 9月: 5人(±0)      3人(±0)
・10月: 3人(−3)      2人(−2)
・11月:11人(+5)      6人    4日〜13日 多発警報→7日〜16日 非常事態宣言

・5.72日に1人の割合(上期6.96日/下期5日)
・都道府県別:総数19位 増減数19位 増減率20位 人口10万人比27位
・年間死者数:2018年66人 17年79人 16年121人 15年69人 14年82人
 うち高齢者:   38人   43人    69人   42人   43人

※長野県における「交通死亡事故多発警報」発表基準
・死亡事故が例年より早いペース(おおむね20日)で発生したとき
・死亡事故が一定期間(おおむね1週間)連続して発生し、その間の死者が5人を超える状態に至ったとき
・死亡事故が前年同期と比較して10人を超えるペースで発生したとき
・2018年は6月・7月・11月・12月の4回発表


レスキューナウニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る