パナソニックがパナホームをTOB、1株1200円 株式交換は撤回

パナソニックがパナホームをTOB、1株1200円 株式交換は撤回

[東京 21日 ロイター] - パナソニック<6752.T>は21日、パナホーム<1924.T>株式を公開買い付け(TOB)すると発表した。公表していた株式交換による完全子会社化は撤回した。

買い付け価格は1株1200円。21日終値1031円を16%上回る。買い付け期間は4月28日から6月13日まで。全株の取得を目指す。買い付け総額は923億円。

パナソニックは変更の理由について、税制面やパナソニック株の希薄化を防止できる点などを挙げた。

パナソニックの広報担当者はTOBに変更したことについて「パナソニックを除く、パナホーム株主の利益にも最大限配慮した」と指摘。「プレミアムの一定の上乗せを行った価格で公開買い付けを行うことが、パナホーム株主の理解・賛同を得ることにもつながる」と説明した。

撤回した株式交換による完全子会社化をめぐっては、パナホームの価値が正確に反映されていないとの指摘が一部の海外ファンドから上がっていた。

*内容を追加しました。

(志田義寧)

ニュースをもっと見る

関連記事

ロイターの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

01時37分更新

社会のニュースをもっと見る

23時47分更新

経済のニュースをもっと見る

23時13分更新

政治のニュースをもっと見る

21時29分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

22時41分更新

エンタメのニュースをもっと見る

21時51分更新

スポーツのニュースをもっと見る

23時16分更新

トレンドのニュースをもっと見る

17時10分更新

仕事術のニュースをもっと見る

11時00分更新

生活術のニュースをもっと見る

09時51分更新

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索