英自動車業界、EU離脱による打撃低減へ政府に要望

英自動車業界、EU離脱による打撃低減へ政府に要望

[ロンドン 20日 ロイター] - 英自動車工業会(SMMT)は20日、欧州連合(EU)離脱に当たっての政府への要望リストをまとめ、世界貿易機関(WTO)のルールに戻ることは業界への恒久的な打撃につながると訴えた。

SMMTは、英国がEU域内で利用される自動車を認可する権限を維持し、自動車ローン会社に他国でも事業可能な「パスポーティング」を引き続き認めるほか、日本などへの輸出時にEUの通商協定にアクセスできるよう要望している。

英国の自動車業界は、2020年までに生産規模で過去最高に達する見込みだが、関税や最大の輸出市場であるEUへのアクセスが失われることで、投資の落ち込みや生産工場の存続性を巡るリスクが高まると懸念している。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索