EU、米の対ロ制裁強化で欧州に不利益あれば報復も=欧州委員長

EU、米の対ロ制裁強化で欧州に不利益あれば報復も=欧州委員長

[ブリュッセル 2日 ロイター] - 欧州委員会のユンケル委員長は2日、米国での対ロシア制裁強化法の成立を受け、制裁強化によって欧州連合(EU)の経済的利益が損なわれる場合は数日以内に報復する用意があると述べた。ドイツのラジオ局のインタビューで明らかにした。

委員長は、米国は同法の策定にあたりEUの懸念を一部考慮したと評価した上で、ロシアで石油・ガスプロジェクトに関わる欧州企業が制裁強化で不利益を被る場合にはEUは対抗措置を講じると発言。

また、ウクライナ問題を巡るロシアへの制裁の実効性を確保するには米国との協調が重要だとも述べた。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索