12月米利上げ確率低下、ISM非製造業指標受け=金利先物

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 3日午前の米金利先物相場は、7月の米供給管理協会(ISM)非製造業指標が市場予想より弱い内容となったことを受け、12月の利上げ予想確率が低下した。

CMEグループのフェドウォッチプログラムによると、米東部夏時間午前10時02分(日本時間午後11時02分)時点で、12月12━13日の連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げに踏み切ると、市場関係者が予想する確率は約48%と、同指標発表直前の50%からやや下がった。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索