米ISM非製造業総合指数、7月は昨年8月以来の低水準

[ワシントン 3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した7月の非製造業総合指数(NMI)は53.9と、前月の57.4から低下し、昨年8月以来の水準をつけた。市場予想の57.0も下回った。

同指数は50が景気拡大と悪化の分岐点となる。

景気指数は60.8から55.9に低下、予想の59.6に届かなかった。

新規受注指数は60.5から55.1に低下。

雇用指数は2.2ポイント下がり53.6となった。9業種が雇用増を報告、4業種が人員を削減したとした。一部企業は「効率性を通じて労働力の改善を続けている」とする一方、「採用を増やしている」と回答する企業もあった。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索