ドル一時109円台に下落、ISM非製造業指数受け=NY市場

ドル一時109円台に下落、ISM非製造業指数受け=NY市場

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 3日のニューヨーク外為市場では、ドルが円、ユーロ、スイスフランの各通貨に対して下落した。4日の米雇用統計発表を控え、市場予想より低調だった米供給管理協会(ISM)の非製造業総合指数を受けて投資家の懸念が強まり、米連邦準備理事会(FRB)による年内の追加利上げに懐疑的な見方が広がった。

ドル/円<JPY=>は一時、7週間ぶりの安値となる109.87円に下落。ユーロ/ドル<EUR=>は一時、1.1892ドルに上昇した。

米紙ウォールストリート・ジャーナルが、ロシア政府による米大統領選干渉疑惑「ロシアゲート」の捜査を統括するモラー特別検察官が大陪審を招集したと報じたことを受けて、ドルの下げ幅が拡大した。

ISMが発表した7月の非製造業総合指数は53.9と、前月の57.4から低下した。景気拡大と悪化の分岐点となる50より高い水準だったが、市場予想の57.0を下回った。雇用指数は53.6に低下し、市場予想の56.5より低い水準となった。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は、ISMの非製造業指数が予想を下回ったことで、7月の雇用統計が失望を誘う内容となる可能性が高まったと指摘。「そうなれば、FRBの利上げの障壁が高まり、ドルを押し下げる要因になる」と語った。

ロイター調査では、7月の雇用統計で非農業者部門雇用者数の増加幅は6月の22万2000人より少ない18万3000人と予想されている。CMEグループのフェドウオッチによると、フェデラルファンド(FF)金利先物に織り込まれた12月の利上げ確率は約44%となっている。

一方、雇用の伸びが上振れする可能性も排除できないとの見方もある。コモンウエルス・フォーリン・イクスチェンジのチーフ市場アナリスト、オマー・エシナー氏は「足元ではドルの売り持ちが少し積み上がっているようだ。雇用統計が予想より上振れすれば、ドルが反発する状況が形成されていると思う」と述べた。

イングランド銀行(中央銀行)が政策金利を据え置いたことを受け、ポンド/ドル<GBP=D3>は一時、0.8%安の1.3113ドルに下落。主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は小幅安の92.783となった。

*内容を追加しました。

ドル/円 NY終値 110.02/110.07

始値 110.63

高値 110.64

安値 109.87

ユーロ/ドル NY終値 1.1868/1.1872

始値 1.1835

高値 1.1892

安値 1.1835

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索