12月の米利上げ観測上昇、堅調な雇用統計受け=米短期金利先物

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米短期金利先物相場では、7月の米雇用統計が労働市場の一段の引き締まりを示す内容となったことを受けて、米連邦準備理事会(FRB)による12月の利上げ観測が高まった。

CMEグループのフェドウォッチによると、米東部時間午前8時57分(日本時間午後9時57分)現在、フェデラルファンド(FF)金利先物が織り込む12月利上げの確率は50%と、統計発表前の46%から上昇した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索