英企業は「小幅な」賃上げ計画、不透明感が長期投資の重し=英中銀

[ロンドン 9日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行、BOE)が9日公表した報告書によると、より厳しい採用状況にもかかわらず、英企業が計画している賃上げ率は2─3%と小幅にとどまることが分かった。

また報告書では、先行き不透明感が長期的な投資計画の重しになっていることが示された。

中銀の地方担当者は報告書で、製造業者は輸出が増加しているとし、追加雇用よりも自動化や生産性の向上を通じて需要に対応する考えを示したと指摘した。

報告書はまた、消費支出の伸びは物価上昇を受けて一段と鈍化し、より安価な製品やブランドを選ぶ消費者も一部でみられたと指摘した。

報告書は6月から7月半ばに英企業を対象に実施された調査に基づく内容で、中銀が先週に金利据え置きを決定した際に考慮された。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索