トランプ氏、オバマケア弱体化狙う大統領令に署名

[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、現行の医療保険制度改革(オバマケア)の規制を一部緩和し、米国民がより簡素な保険商品を購入することを可能にする大統領令に署名した。

オバマケアを巡っては、トランプ大統領が改廃を看板政策のひとつに掲げてきたものの、共和党内で十分な支持を集めることができず頓挫続きとなっていた。そのため今回の大統領令をもってオバマケアの弱体化を狙う考えだ。

オバマケアでは保険プランで出産や新生児のケア、処方薬やメンタルヘルスなど10項目をカバーすることが義務付けられてきたが、今回の大統領令によって、中小企業や個人が組合を結成し、こうした要件を減らしたプランを購入できるようになる。

トランプ大統領は署名式で「オバマケアにかかるコストは法外で、すべてを駄目にする」と発言。今回の大統領令は「始まりに過ぎない」としたうえで「オバマケア改廃の貫徹に向け議会に圧力をかける」と語り、政権が追加措置を取る方針を鮮明にした。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索