黒人元従業員が米テスラを集団提訴、人種差別で

黒人元従業員が米テスラを集団提訴、人種差別で

[13日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>は13日、カリフォルニア州の製造工場が「人種差別的な行為の温床」になっているとして集団訴訟を受けた。黒人従業員による提訴は今年に入って少なくとも3度目。

13日に提訴した元テスラ従業員のマーカス・ヴォーン氏は今年4月にカリフォルニア州フリーモントの工場で働き始めたが、上司や同僚から日常的に差別的な言葉で呼ばれたという。ヴォーン氏は人事担当者に書面で訴えたが、テスラ側が同件を調査することはなく、「業務に前向きではない」として10月に解雇されたという。

ヴォーン氏はカリフォルニア州の差別禁止法に基づき損害賠償を求めている。賠償額などは不明。

同件についてテスラにコメントを求めたが返答はなかった。同社は同性愛者や高齢労働者に対する差別でも提訴されている。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索