米TIPS利回り低下、債券市場落ち着く

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 午前の米債券市場で、インフレ指数連動債(TIPS)利回りが低下した。10年債利回り<US10YT=RR>が7年ぶり水準付近に急上昇し、今週みられた売りが収まった。

トレードウェブとロイターのデータによると、米東部夏時間午前8時45分(日本時間午後9時45分)時点で、5年物のTIPS利回り<US5YTIP=TWEB>が1ベーシスポイント(bp)近く低下して0.765%。

10年物<US10YTIP=TWEB>も0.6bp下がって0.931%。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索