ZTE制裁見直し、米国家安全保障を脅かさず=財務長官

[ワシントン 22日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は22日、中国通信機器の中興通訊(ZTE)に対する制裁措置のいかなる見直しも、米国の国家安全保障を脅かすことはないと言明した。

ムニューシン長官は米上院歳出小委員会での証言で、ZTEに対する措置変更の見直しは通商問題に絡む「交換条件ではない」と指摘。「米商務省がいかなる決定を下しても、情報機関の関係者が状況説明に関わるほか、国家安全保障問題への対処を確実にする」と述べた。

また、ZTEに対する制裁の目的は同社を破綻に追いやることではなく、「同社のよる米国の制裁プログラムの順守を確実にするため」と強調した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索