米国の対中赤字批判に違和感=IMF専務理事

[サンクトペテルブルク(ロシア) 25日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は25日、米国の対中貿易赤字批判に違和感があるとの認識を示した。

経済フォーラムで述べた。中国の知的財産権侵害を巡る米側の訴えは、世界貿易機関(WTO)で討議すべきだと指摘した。

また、単独行動は行動を起こした国自身にも悪影響を及ぼすと述べた。

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索