ゴーン氏 仏ルノーCEO途中退任も

ゴーン氏、仏ルノーCEO職を任期満了前に退任も=FT紙

ゴーン氏、仏ルノーCEO職を任期満了前に退任も=FT紙

[14日 ロイター] - フランスの自動車大手ルノー<RENA.PA>のカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)が、2022年の任期満了前にCEO職から退く可能性がある。英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が14日報じた。

記事によると、ルノーの会長職は継続。ルノー・日産自動車・三菱自動車の3社連合のCEO兼会長職も続けるという。

ゴーン氏はFTに対し「私が2022年までにルノーのCEOを退任するのではないかと疑っても良い」と述べた。同社からのコメントは得られていない。

今日のニュースまとめ

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索