三菱UFJ銀 イラン関連取引停止へ

三菱UFJ銀、イラン関連取引を全面停止へ 米の制裁復活で

三菱UFJ銀、イラン関連取引を全面停止へ 米の制裁復活で

[東京 12日 ロイター] - 三菱UFJ銀行が米トランプ政権によるイラン制裁の復活・強化を受け、イラン関連取引の取り扱いをすべて停止する方針を取引先に通知していたことが分かった。

トランプ大統領は今年5月8日、欧米など6カ国とイランが結んでいた核合意から離脱し、同国への制裁を復活させる準備を行うと表明。同時に、制裁発動には内容により90日または180日の期間(撤退期間)を設けることを明らかにした。

ロイターが入手した同行の顧客向け文書によると、同行は米国の動きを踏まえ、イラン関連取引を内容に応じて順次停止する方針。同国系金融機関との取引が禁止される180日間の撤退期間までに、経費送金などを含むすべてのイラン関連取引の取り扱いを停止する。

この文書では、今後、米国から制裁に関する追加ガイダンス等が出た場合、適時適切に見直すとしている。

今回の通知に対し、三菱UFJ銀行のコメントは得られていない。

*内容を追加しました。

(編集:田巻一彦)


今日のニュースまとめ

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索