正午のドルは112円前半、底堅い

正午のドルは112円前半、底堅い

[東京 17日 ロイター] - 正午のドルは、前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの112円前半。日本の連休中にやや弱含んだドルは、下値に控える国内勢の買いを背景に小幅に反発。一時112.57円をつけた。

しかし上値では、実需を含む戻り売り圧力が強いといい、上昇は限られた。午前の値幅は上下33銭だった。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索