ファーウェイ創業者、中国のスパイ活動への関与疑惑を否定

ファーウェイ創業者、中国のスパイ活動への関与疑惑を否定

[上海 15日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の創業者で最高経営責任者(CEO)の任正非氏は、同社が中国政府のスパイ活動に関与しているとの疑惑を否定した。英紙フィナンシャル・タイムズが報じた。

任氏は「中国政府から、不適切な情報提供を求められたことは一度もない。私は中国を愛しており共産党も支持するが、世界のいかなる国に対しても決して危害を与えない」と強調した。

また、カナダ当局が米国の要請に基づいて拘束した娘の孟晩舟最高財務責任者(CFO)については「すごく会いたい」と述べた。

ファーウェイも、任氏のコメントは正確だと確認した。

任氏は、トランプ大統領を「偉大」と持ち上げて減税は米国の産業界に恩恵をもたらす、と述べた。また「米国に対し、協調と成功の分かち合いとのメッセージを送りたい。ハイテク業界では1社だけ、または1国だけで世界の需要に対応するのは不可能だ」と述べた。

また、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システム開発を巡り、一部の国から閉め出されていることについて「全員と協力することはできない。ファーウェイを歓迎してくれる国に対応する」と述べ、5Gシステム設立を巡り世界全体で30の契約を結んでいる、と述べた。

任氏は中国・深センで、報道陣の取材に対応した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索