ドル一時109円台、2週間ぶり高値

ドル一時109円台、2週間ぶり高値

[東京 17日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の108円後半。NY市場の終盤、日本時間の早朝に一時109.20円まで上昇し、今月3日以来2週間ぶり高値をつけた。

米株高などを背景に、前日海外市場では円が軟調。その流れでドル/円は早朝に高値をつけたが、東京市場では実需がドルの戻り売りに動いたという。「109円台での売り需要はかなりの厚みを持っているとみられ、強いドル買い材料がなければ、109円台を上抜けできないだろう」(金融機関)との声が出ていた。

朝方は上昇していた日経平均がマイナス圏へ反落するなど、アジア株が全般に伸び悩むと、円売り圧力はさらに減退。ドルは一時108.83円まで反落した。その後は一進一退のもみあいが続いた。

前日上下に大きな動きを見せた英ポンドは、140円前半から半ばと、年初来高値圏で底堅い動き。メイ首相が内閣不信任案を乗り切ったことが好感された形だが、今後の不透明さは変わらないとして、上値も限られた。

みずほ証券チーフFXストラテジストの鈴木健吾氏は「首相のEU離脱案が否決されたにもかかわらず、市場がそれほど動揺していないのは、国民投票のやり直しや、最終的に(離脱が)すべてご破算になる可能性を、ぼんやりとイメージしているからだろう」と指摘している。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 108.93/95 1.1386/90 124.05/09

午前9時現在 109.03/05 1.1398/02 124.29/33

NY午後5時 109.08/11 1.1397/02 124.26/30

(為替マーケットチーム)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索