欧州市場サマリー(18日)

[18日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中貿易摩擦が和らいでいる兆しが一因で世界的に市場心理が好転した。

週間ベースでは0.80%上昇し、4週続伸した。今週は英議会が欧州連合(EU)離脱案を大差で否決した後、内閣不信任案を否決し、政治的に混乱した。FTSEは大方、マイナス圏で取引された。

この日は、中国が米製品の輸入拡大を提案したとのブルームバーグ報道を受け世界的に株価が上がった。また、米国が中国製品に対する一部、もしくは全ての関税を解除することを検討しているとの報道も材料視された。

金融部門の値上がりが目立った。前日はフランスの銀行大手ソシエテ・ジェネラル<SOGN.PA>が利益見通しを引き下げたことで部門全体が低迷した。HSBC<HSBA.L>はこの日、2.0%高となった。

トランプ米大統領が大規模なインフラ計画の承認に向けて改めて力を入れているとのロイターの報道を受け、FTSE350種工業株指数<.FTNMX2770>は1.97%上昇し、2018年11月以来の高値を付けた。建機レンタルのアシュテッド<AHT.L>は4.5%上昇し、FTSE100種で最も大幅に伸びた。

一方、中型株ではウイルス対策ソフトのソフォス<SOPH.L>が17.6%急落した。年間の売上高が減るとの見方を示したことが売り材料だった。

<欧州株式市場> 上昇して取引を終えた。米中関係の緊張緩和の兆しを受け世界的に株価が上昇した。

通商政策に左右されやすいドイツのクセトラDAX指数<.GDAXI>は2.63%上昇した。部門別ではテクノロジーと自動車、工業銘柄の値上がりが目立った。

ムニューシン米財務長官が中国に対する制裁関税の一部か全てを取りやめることを協議したとの17日の報道を受け、市場心理が好転した。そのほか、中国が米国からの輸入を増やすことを提案したとの報道も買い材料となった。

STOXX欧州600種テクノロジー株指数<.SX8P>は2.97%上昇し、6週間ぶりの高値を付けた。自動車・部品株指数<.SXAP>は2.68%上昇した。年初来約9%高となっている。自動車メーカーは、米中貿易摩擦のほか、米国が欧州の自動車に関税を課すとしていることから、打撃を受けてきたが、ここにきて持ち直しているもようだ。

同じく通商政策に左右される総合エンジニアリング企業シーメンス<SIEGn.DE>や航空機大手エアバス<AIR.PA>などの工業株も買われた。

高級ブランド銘柄も値を上げた。

一方、イタリア通信大手テレコム・イタリア<TLIT.MI>は7.2%下落した。中核事業における通期利益が約81億ユーロ(92億ドル)となり、前年から5%弱減少するとの見通しを示したことが嫌気された。

アイルランドの格安航空大手ライアンエア<RYA.I>も振るわなかった。冬季の料金が予想を下回ったと報告し、序盤に株価が低迷した。その後はやや持ち直し、0.3%高で取引を終えた。

<ユーロ圏債券> 独国債利回りが1カ月ぶりの高水準となった。合意なき英欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が避けられるとの期待が高まった。

またムニューシン米財務長官が中国の輸入品に課されている関税の一部または全部を撤廃することを提案したとの報道を受け、米中貿易交渉に対する前向きな見方が広がったことも独国債の支援材料となった。[nL3N1ZH503]

市場では「ソフトブレグジット」(穏健な離脱)を予想するのは早過ぎるとの見方がある一方、英議会でメイ首相の離脱協定案が大差で否決されたものの、内閣不信任決議案も否決されたため、穏健離脱の可能性が高まったとの見方が出ている。

DZバンクのアナリストは「2回目の国民投票が選択肢になり得るとの見方を強めている。現実というより希望に近いだろうが、金利を押し上げる要因となっている」と述べた。

独10年債利回り<DE10YT=RR>は0.276%と1カ月ぶりの高水準に上昇。しかし、この日は1.5ベーシスポイント(bp)、今週は7bp上昇しており、やや伸び悩んだ。

他のユーロ圏の高格付け債利回りもこの日は1─2bp上昇。<FR10YT=RR> <NL10YT=RR>

英10年債利回り<GB10YT=RR>は3bp上昇の1.36%と5週ぶりの高水準。その後は1.343%で推移した。

一方、イタリア5年債<IT5YT=RR>、10年債利回り<IT10YT=RR>は3─6bp低下。今週の入札結果が好調だったことを背景に堅調な値動きが続いた。

イタリアとドイツの10年債利回り格差<DE10IT10=RR>は247bpと年初来で最低。

<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤 コード

ユーロ/ドル    1.1360 1.1390 <EUR=>

ドル/円 109.78 109.36 <JPY=>

ユーロ/円 124.73 124.58 <EURJPY=>

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード

STOXX欧州600種 357.05 +6.32 +1.80 350.73 <.STOXX>

FTSEユーロファースト300種 1404.87 +25.37 +1.84 1379.50 <.FTEU3>

DJユーロSTOXX50種 3134.92 +65.57 +2.14 3069.35 <.STOXX50E>

FTSE100種 6968.33 +133.41 +1.95 6834.92 <.FTSE>

クセトラDAX 11205.54 +286.92 +2.63 10918.62 <.GDAXI>

CAC40種 4875.93 +81.56 +1.70 4794.37 <.FCHI>

<金現物> 午後 コード

値決め 1284.2 <GOLD/EU1>

<金利・債券>

米東部時間14時3分

*先物 清算値 前日比 前営業日終盤 コード

3カ月物ユーロ 100.31 0.00 100.31 <FEIc1> <0#FEI:>

独連邦債2年物 111.91 -0.01 111.92 <FGBSc1> <0#FGBS:>

独連邦債5年物 132.67 -0.10 132.77 <FGBMc1> <0#FGBM:>

独連邦債10年物 164.07 -0.23 164.30 <FGBLc1> <0#FGBL:>

独連邦債30年物 181.26 -0.66 181.92 <FGBXc1> <0#FGBX:>

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤 コード

独連邦債2年物 -0.580 +0.008 -0.588 <DE2YT=TWEB> <0#DE2YT=TWEB



独連邦債5年物 -0.334 +0.017 -0.351 <DE5YT=TWEB> <0#DE5YT=TWEB



独連邦債10年物 0.210 +0.017 0.193 <DE10YT=TWEB <0#DE10YT=TWE

> B>

独連邦債30年物 0.871 +0.018 0.853 <DE30YT=TWEB <0#DE30YT=TWE

> B>


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索