英中銀、合意なき離脱なら緊急流動性供給の必要=ビジネス担当閣外相

[ロンドン 19日 ロイター] - 英国のハリントン・ビジネス担当閣外相は19日、英国が条件などで合意しないまま欧州連合(EU)を離脱する場合、イングランド銀行(英中央銀行)は緊急的に流動性を供給する必要があるとの考えを示した。

英中銀は、合意なき離脱が現実のものになった場合に自動的に発動される政策対応はないとの立場を示しているが、カーニー総裁は前週、合意がないまま離脱した場合は英経済は衝撃を受ける恐れがあると警告している。

ハリントン閣外相はロンドンで行われた製造業関連の会合で、合意がないままEUを離脱する場合、 政府、中銀は「劇的な状況に対応するために緊急措置を講じる必要がある」とし、これは「異なる方法で経済に流動性を供給することを指している」と述べた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索