NY市場サマリー(19日)

[19日 ロイター] - <為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が下落。米中通商協議の再開が貿易摩擦の解消につながるとの楽観的な見方を背景に安全資産であるドルの持ち分を減らす動きが広がった。

ブルームバーグテレビは18日、ホワイトハウスが通商合意の一環として人民元切り下げを行わないよう中国側に求めていると報じた。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.42%安の96.5。15日には97.368と12月17日以来の高値をつけていた。

オフショア人民元<CNH=EB>は対ドルで6.7425元と2週ぶりの高値をつけた。

18日の米金融市場はプレジデンツデーのため休場だった。

通商面における楽観的な見方を背景に、ユーロ/ドル<EUR=EBS>は0.25%上昇の1.13410ドル。ただユーロ圏の経済見通しに対する不透明感からドイツ国債を中心とするユーロ圏国債利回りが低下し、ユーロの重しとなった。

<債券> 国債利回りが低下した。1月29─30日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を20日に控えるほか、米中通商協議が3月1日の期限に近づく中で、リスク選好意欲が低下した。

特に中期国債の利回りが大きく下がり、終盤の取引で3年債<US3YT=RR>が2.2ベーシスポイント(bp)、5年債<US5YT=RR>は2bpそれぞれ低下した。

金利の市場予想を映すとされる2年債利回り<US2YT=RR>は1.8bp下がり2.502%。議事要旨で利上げペースの鈍化が再確認できると投資家がみていることをうかがわせた。

10年債利回り<US10YT=RR>は1.4bp低下して2.652%。

<株式> 主要3指数がいずれも小幅続伸して取引を終えた。米中通商協議がワシントンで再開したほか、小売大手ウォルマートの好決算が投資家心理を押し上げた。ナスダック総合は7営業日続伸した。

ただ、ロイターによるニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁のインタビューを受け、株価は終盤に掛けて上げ幅を縮小した。

アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>主導で一般消費財株が買われ、S&P500とナスダックを押し上げたほか、ウォルマート<WMT.N>がダウの上げをけん引した。

ウォルマートは2.2%高。第4・四半期の既存店売上高が年末商戦期としては少なくとも10年ぶりの高い伸びとなり、アナリスト予想を上回った。

ワシントンでは米中通商協議が再開され、経済団体幹部からは包括的な合意への期待の声が上がった。

S&P500の主要11セクターはヘルスケア<.SPXHC>と工業<.SPLRCR>を除く全業種がプラス圏で取引を終えた。

<金先物> 対ユーロでのドル安進行などを背景に割安感から買われ、続伸した。4月物の清算値は前営業日比22.70ドル(1.72%)高の1オンス=1344.80ドルと、中心限月ベースで昨年4月19日以来10カ月ぶりの高値を付けた。

外国為替市場では朝方から対ユーロでドル安が進行。ドル建てで取引される金塊などの商品に割安感が生じ、金塊が買われた。また、連休明けで持ち高調整の買いやテクニカル面からの買いも入ったとの見方があった。

<米原油先物> 米中通商協議をめぐる先行き不透明感などを背景にもみ合いとなったが、清算値確定間際にまとまった買いが入り、5営業日続伸となった。

米国産標準油種WTI3月物の清算値は前週末比0.50ドル(0.90%)高の1バレル=56.09ドルと、中心限月ベースで3カ月ぶりの高値を更新。4月物の清算値は0.47ドル高の56.45ドルだった。

ドル/円 NY終値 110.61/110.64 <JPY22H=>

始値 110.77 <JPY=>

高値 110.79

安値 110.50

ユーロ/ドル NY終値 1.1340/1.1342 <EUR22H=>

始値 1.1282 <EUR=>

高値 1.1357

安値 1.1277

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 100*13.50 2.9786% <US30YT=RR>

前営業日終値 100*02.00 2.9970%

10年債(指標銘柄) 17時05分 99*29.00 2.6357% <US10YT=RR>

前営業日終値 99*20.50 2.6660%

5年債(指標銘柄) 17時04分 100*06.00 2.4593% <US5YT=RR>

前営業日終値 100*00.75 2.4950%

2年債(指標銘柄) 16時57分 100*00.50 2.4913% <US2YT=RR>

前営業日終値 99*30.75 2.5200%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 25891.32 +8.07 +0.03 <.DJI>

前営業日終値 25883.25

ナスダック総合 7486.77 +14.36 +0.19 <.IXIC>

前営業日終値 7472.41

S&P総合500種 2779.76 +4.16 +0.15 <.SPX>

前営業日終値 2775.60

COMEX金 4月限 1344.8 +22.7 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1322.1

COMEX銀 3月限 1596.7 +22.4 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 1574.3

北海ブレント 4月限 66.45 ‐0.05 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 66.50

米WTI先物 3月限 56.09 +0.50 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 55.59

CRB商品指数 182.2387 +0.9094 <.TRCCRB>

前営業日終値 181.3293

(※関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索