正午のドルは110円付近、アジア株底堅く円反落

正午のドルは110円付近、アジア株底堅く円反落

[東京 26日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅高の110円付近。一時110.24円と前日夕方につけた高値に並んだ。アジア株の底堅い推移が円の売り戻しを誘っているという。

市場では、実需や機関投資家ら国内勢の買いを指摘する声が出ている。米金利市場が「利下げを織り込む水準まで一気に振れたのはやや行き過ぎではないか」(証券)との見方もあった。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索