監視委、シティ英法人への課徴金1.3億円勧告 国債先物で相場操縦

監視委、シティ英法人への課徴金1.3億円勧告 国債先物で相場操縦

[東京 26日 ロイター] - 証券取引等監視委員会は26日、シティグループ<C.N>の英国法人に対し、金融商品取引法に基づき1億3337万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告したと発表した。大阪取引所に上場する長期国債先物<0#2JGB:>で、金商法が禁止する相場操縦を行った疑い。

課徴金命令の対象は、シティグループの英国の証券子会社である「シティグループ・グローバル・マーケッツ・リミテッド」(CGML)。CGMLのトレーダーが2018年10月、約定の意思がないのに売買注文を出す「見せ玉」の手法で相場操縦した。

監視委によると、商いの薄い夜間に、買いの局面では最大1625億円、売りの局面では最大950億円の見せ玉が出されていたという。

CGMLはシティグループの別の子会社から資産運用を受託。その子会社の勘定で相場操縦が行われたが、金商法のみなし規定により、CGMLが処分対象になった。

シティグループは「今回の勧告を真摯に受け止め、このような事態に至ったことを深くお詫びする」とコメントした。その上で「関連法規制の順守を引き続き徹底すべく、ガバナンスと社内管理体制の一層の強化に努めていく」とした。

(和田崇彦)


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索