ファナック、2期連続の減収減益予想

ファナック、2期連続の減収減益予想

[東京 24日 ロイター] - ファナック<6954.T>は24日、2020年3月期の連結営業利益が前期比53.6%減の757億円になる見通しと発表した。売上高は同15.5%減の5369億円、純利益は同59.6%減の623億円と2期連続の減収減益を見込む。

今後も、IT関係の需要が見込めない状況が続くほか、貿易摩擦の影響や為替動向など不透明要因があり、予断を許さない状況が続くとみている。

想定為替レートは1ドル=100円、1ユーロ=115円。

2019年3月期は売上高が前年比12.5%減の6355億円、営業利益が同28.9%減の1632億円、純利益が同15.3%減の1541億円となった。

期初は需要が堅調だったものの、米中摩擦の影響に加え中国のIT関係の一時的な需要がなくなり、厳しい状況となった。

ファナックは同時に300万株・500億円上限の自社株取得を決議した。取得期間は25日から7月31日。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索