寄り付きの日経平均は反発、ハイテク株に買い

寄り付きの日経平均は反発、ハイテク株に買い

[東京 22日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比101円07銭高の2万1373円52銭となり、反発した。前日の米国株市場でハイテク株中心に上昇した流れを引き継ぎ、半導体関連や機械関連への買いが先行した。半面、空運、不動産、医薬品などは弱い。

寄り付き前に内閣府が発表した3月機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比3.8%増で、市場予想(同0.7%減)に反して増加した。4─6月期見通しも前期比15.7%増と強く、市場からは「人手不足などでこの先、底堅く推移するとの見方が出た。これは消費増税を引き上げる方向でのサポート材料になりそうだ」(エコノミスト)との声が聞かれた。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索