パナソニックが米ファーウェイとの該当取引中止、米政府規制受け

パナソニックが米ファーウェイとの該当取引中止、米政府規制受け

[東京 23日 ロイター] - パナソニック<6752.T>は米政府が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]と米企業の取引を原則禁じる制裁措置を取ったことを受け、ファーウェイとの該当取引を中止したことを明らかにした。

該当しない取引を継続するかどうかについては、回答を控えた。

パナソニックは「当社は米国の輸出管理法令の順守を方針の一つにしており、禁止されている取引を中止するよう徹底している」とコメントした。

ファーウェイとの取引を巡っては、22日にはソフトバンク<9434.T>とKDDI(au)<9433.T>、楽天モバイルがファーウェイ端末の発売延期を決めたほか、NTTドコモ<9437.T>も予約受付を停止しており、日本企業への影響はさらに広がりそうだ。

(志田義寧)


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索