寄り付きの日経平均は続落、米株安・円高が重荷 原油も安い

寄り付きの日経平均は続落、米株安・円高が重荷 原油も安い

[東京 24日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比170円35銭安の2万0980円79銭となり、続落した。その後、下げ幅を一時200円超に拡大している。米中貿易摩擦の長期化が懸念され、前日の米国株が下落。為替も1ドル109円半ばと円高方向に振れており、幅広い業種で売りが先行した。石油・石炭、鉱業、海運などが値下がり率上位となっている。

前日、米WTI原油先物<CLc1>は一時5%超下落し、3月中旬以来の安値水準となった。米中貿易摩擦の激化が原油需要見通しに影を落とした。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索