ユーロ圏消費者物価、5月改定値は前年比+1.2%に減速 1年強ぶり低水準

[ブリュッセル 18日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した5月のユーロ圏消費者物価指数改定値は速報値と同じ前年比1.2%の上昇で、伸び率は4月の1.7%から縮小し、2018年4月以来1年強ぶりの低水準となった。エネルギーとサービスセクターの価格の伸びが鈍化した。

今回の結果は、インフレ率目標を2%弱とする欧州中央銀行(ECB)にとって悪いニュースだ。ECBはこれまで、インフレ率が上向かなければさらなる行動を取ると約束している。

前月比では0.1%上昇で、伸び率は市場予想の0.2%を下回った。

EU統計局は、ECBが政策決定で重視するコアインフレ率(エネルギー、食品を除く)が前年比1.0%上昇となったことを確認。4月は1.4%上昇だった。

エネルギー、食品、アルコール類、たばこを除外したベースでは前年比0.8%上昇で速報値と変わらず。前月は1.3%上昇だった。

5月のインフレ率縮小は、エネルギー価格の伸び率が4月の5.3%から3.8%に低下したことが主な要因。サービスセクターのインフレ率は4月の1.9%から1.0%にほぼ半減した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索