丸紅、中国で冷凍トレーラーリース合弁設立 生鮮食品需要に対応

[北京 25日 ロイター] - 丸紅<8002.T>は25日、中国の物流スタートアップ企業、北京匯通天下物聯科技(G7)と合弁会社を設立したと明らかにした。同国の顧客に冷凍トレーラーをリースし、急拡大中の生鮮食品需要に対応する。

G7幹部によると、新会社の資本金は1億7000万元(2471万ドル)で、3─5年間に5000台のリースを目指す。

丸紅の平澤順中国総代表は、低温物流の活用割合が日本や欧米の最高98%に対し、中国は20─40%と説明。消費者が安全で新鮮な食品を好むようになり、需要が急拡大しつつあるとされる。

中国物流・購買連合会(CFLP)のウェブサイトに昨年掲載された記事によれば、中国の低温物流市場規模は昨年約2500億元だったが、来年までに4700億元に達する見通しだ。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索