ECB、11月までに国債買い入れ再開の可能性=独シュピーゲル誌

[ベルリン 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がユーロ圏経済の浮揚に向け国債買い入れを11月までに再開する意向だと、独シュピーゲル誌が中銀関係筋の話として19日報じた。

ドラギ氏の任期は10月31日まで。後任として国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事が指名されている。ラガルド氏のECB総裁就任は欧州議会での承認を経て、10月17─18日の欧州連合(EU)定例首脳会議で最終決定される見通し。

ECB理事会メンバーのビスコ・イタリア中銀総裁は前週、ユーロ圏の景気が上向かなければECBは追加緩和策を打ち出す必要があり、「数週間以内に」取り得る手段を検討するとの見解を示している。[nL4N24D32Y]

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索