6月コンビニ既存店売上高は前年比0.02%減、8カ月ぶりマイナス

[東京 22日 ロイター] - 日本フランチャイズチェーン協会が22日発表した6月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比0.02%減の8602億円と、8カ月ぶりのマイナスとなった。

6月は昨年より気温が低く、飲料やアイスクリームなどの売れ行きが不振だった。来店客数も前年比2.2%減と4カ月連続のマイナスとなった。

一方で、引き続きカウンター調理の食品や冷凍食品・調理麺等の中食、たばこなどは好調だった。客単価は625.2円と前年比2.2%増加した。


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索