豪NABが日本で証券業務を開始、豪ドル建て有価証券販売

豪NABが日本で証券業務を開始、豪ドル建て有価証券販売

[東京 15日 ロイター] - オーストラリアの大手銀行、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)<NAB.AX>グループは15日、日本での証券業務を開始した。機関投資家向けに豪ドル建ての国債や地方債、住宅ローン担保証券(RMBS)などを販売する。同グループ100%出資のNAB証券を新たに設立し、社長にはJPモルガン出身の外池ジャナリ氏が就任した。

ジャナリ氏はJPモルガンに33年勤め、外国証券の営業経験が長い。当面、30人弱の体制で業務を進める。

豪州では鉄道や港湾などのインフラ需要が高く、NABグループはプロジェクト・ファイナンスの組成も手がけている。今後、日本の金融機関の参加も見込み、豪ドル調達に関連してレポ取引も推進する。

将来的には、豪州企業による日本市場でのサムライ債も含めた社債発行業務にも取り組んでいく方針だ。

(布施太郎)


関連記事

ロイターの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索