米フェイスブックCEO、上院議員と夕食会で意見交換

米フェイスブックCEO、上院議員と夕食会で意見交換

[ワシントン 18日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は18日、上院議員6人と夕食会で意見交換を行った。

フェイスブックの要請に応じ、米上院情報特別委員会のマーク・ワーナー副委員長(民主党)が夕食会のアレンジに協力した。

ワーナー氏の秘書によると、ワシントンのレストランでは「民主主義を守る上でのソーシャルメディアの役割と責任のほか、選挙の防衛と消費者データの保護、業界の競争促進」が話し合われた。

ザッカーバーグ氏は19日も共和党の上院議員、マイク・リー氏らと会合を行う予定。

フェイスブックは18日、ザッカーバーグ氏が「将来のインターネット規制」について議員らと意見を交換するが、イベントの予定はないと明らかにした。

関係筋によると、ザッカーバーグ氏はトランプ政権関係者とも面会する見通しだ。ホワイトハウス報道官のコメントは現時点で得られていない。

フェイスブックは7月、個人情報保護の不備を巡り50億ドルの制裁金を支払うことなどで米連邦取引委員会(FTC)と合意したが、反トラスト法違反の疑いでもFTCや州司法長官の調査を受ける。

また、米議会も個人情報保護から市場での支配力、ネット上の過激思想への対策、外国勢力による選挙干渉、政治的偏向まで幅広い問題で監視の目を強めている。

*内容を追加し、カテゴリーを広げました。


関連記事

ロイターの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索